• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「干し野菜」を取り上げた記事を紹介します。今回は、干しきのこを使った、滋味豊かな「干しきのこと豆腐の小鍋仕立て」をつくります。
    (『天然生活』2012年11月号掲載)

    干し野菜の「理」は旨みと栄養の相乗効果.  松田美智子

    干しきのこと豆腐の小鍋仕立て

    ゆっくりもどした、もどし汁と一緒に煮るから、だしいらずで、驚くほど滋味豊か。いろいろなきのこの風味で楽しさも満点。

    画像: 干しきのこと豆腐の小鍋仕立て

    材料(2人分)

    • 干ししいたけ 4個
    • 干ししいたけの軸 4本
    • 干ししめじ 1/2パック分
    • 干しまいたけ 1/2パック分
    • 水 2カップ
    • しょうが(みじん切り) 大さじ1
    • 酒 1/4カップ
    • 塩 小さじ1/2
    • 水溶き片栗粉(片栗粉を同量の水で溶いたもの) 大さじ1〜2
    • 絹ごし豆腐 1/2丁
    • 薄口しょうゆ 大さじ1

    つくり方

    1. 干したきのこ類は、2カップの水に3時間ほどつけてもどし、しっかり水けをしぼる。干ししいたけの傘と軸は手で割く。
    2. もどし汁に水を加えて3カップにし、土鍋に入れて煮立て、1のきのこ類としょうがを入れ、酒と塩を加え、10分ほど味をふくむまで煮る。
    3. 仕上げに水溶き片栗粉で軽いとろみをつけ、3~4等分に手でくずした絹ごし豆腐を加える。ひと煮立ちしたら火を止め、薄口しょうゆで味をととのえる。好みで赤とうがらし、粉山椒、こしょうをふる。

    「干し野菜」・松田美智子の季節の仕事へ ⇒
    「干し白菜と牛肉の煮もの」・松田美智子の季節の仕事「干し野菜」へ ⇒

    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.