• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、日に日に寒さを増してくる季節に、旬の「かき」を使った温かい料理を紹介します。今回は、「かきめし」を。
    (『天然生活』2015年1月号掲載)

    かき 旬 10〜1月

    画像: かき 旬 10〜1月

    日に日に寒さが増し、温かい料理をいただきたくなる季節となりました。そこで今回は、「かき」を使い、体の温まる料理を紹介いたします。

    かきと、しょうがのせん切りをさっと炒め煮してから炊いていく「かきめし」は、しっかりとかきのおいしさを味わえる一品です。

    かきめし

    かきのうま味が、ごはんにしみています。あえてシンプルにしているので、かきのおいしさが際立ちます。

    画像1: かきめし

    材料(2人分)

    • 米 1.5合
    • かきのむき身(中粒) 200g
    • しょうが 10g
    • A
      • しょうゆ 大さじ1と1/2
      • 酒 大さじ1
      • 塩 少々
    • 万能ねぎ(小口切り) 2本分

    つくり方

    1. 米はといでざるにあげ、30分ほどおく。
    2. しょうがは皮をむき、せん切りにする。
    3. かきはざるなどに入れてから、ボウルに入れる。かきに大さじ1程度の塩(分量外)をふり、ひたひたの水を入れる。ざるをふって洗い、汚れをのぞき、水ですすぐ。酒少々(分量外)をかけてしばらくおき、熱湯にさっと通して霜降る。
    4. 小鍋でAを沸かし、2と3を入れてさっと火をとおし、ざるにあげて煮汁と具材に分ける。
    5. 炊飯器の中に1の米を入れ、煮汁と水を合わせて1.5合の目盛りまで加え、4をのせ、普通に炊く。仕上げに万能ねぎをふる。
    画像: 酒をふくませてしばらくおくと、かきがふっくらとしてくる

    酒をふくませてしばらくおくと、かきがふっくらとしてくる



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像2: かきめし

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.