• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、日に日に寒さを増してくる季節に、旬の「かき」を使った温かい料理を紹介します。今回は、かきの「みぞれ椀」を。
    (『天然生活』2015年1月号掲載)

    かき 旬 10〜1月

    日に日に寒さが増し、温かい料理をいただきたくなる季節となりました。そこで今回は、「かき」を使い、体の温まる料理を紹介いたします。

    すりおろした大根と一緒に、とろみをつけた汁でいただく「かきのみぞれ椀」。ぜひ、できたてをお召し上がりください。

    かきのみぞれ椀

    大根おろしを入れてつくる、みぞれ椀。さっぱりとした口あたりで、かきの滋味を余すところなく味わえます。

    画像1: かきのみぞれ椀

    材料(2人分)

    • かきのむき身(中粒) 4~6個
    • 大根 100g
    • だし汁 450ml
    • 薄口しょうゆ 小さじ1/2
    • 塩 小さじ1/2
    • 片栗粉 大さじ1/2
    • 三つ葉 2~3本
    • あれば、ゆずの皮 少々

    つくり方

    1. 大根は皮をむき、おろしがねですりおろし、ふきんなどに包んで水洗いしたあと、軽く水けをしぼる。
    2. かきはざるなどに入れてから、ボウルに入れる。かきに大さじ1程度の塩(分量外)をふり、ひたひたの水を入れる。ざるをふって洗い、汚れをのぞき、水ですすぐ。そして酒少々(分量外)をかけてしばらくおき、熱湯にさっと通して霜降る。
    3. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、ひと煮したら薄口しょうゆと塩で味をととのえる。
    4. 3の中に2のかきを入れ、そのあとに大根おろしを入れてあくを引き、同量の水で溶いた片栗粉を流し入れ、とろみをつけて火を止める。器に盛りつけ、2~3cm長さに切った三つ葉と、あれば、ゆずの皮を飾る。
    画像: 大根は筋っぽさを出さないために、皮を厚めにむき、すりおろす

    大根は筋っぽさを出さないために、皮を厚めにむき、すりおろす



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像2: かきのみぞれ椀

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.