• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、寒い冬の定番「たら」を使った料理を紹介します。今回は、「たらの煮つけ」をつくります。
    (『天然生活』2015年3月号掲載)

    たら 旬 11~1月

    画像: たら 旬 11~1月

    「たら(鱈)」といえば、寒い冬の鍋料理が定番ですが、ほかにもおいしくいただく調理法がまだまだあります。

    今回は、「まだら」の切り身を使いました。揚げたり煮たりして、たらの違った味覚を引き出してみましょう。

    「煮つけ」の注意点は、煮る時間。脂肪分の少ないたらの身は、長い時間、煮ていると、身がかたくなってしまいます。

    短時間で煮ていき、残った煮汁をほどよく煮つめて最後に上からかけるとよいでしょう。下ゆでしたたらの子も、一緒に煮てみてはいかがですか?

    たらの煮つけ

    さっぱりした味のたらですが、煮つけにしてもおいしい。あれば、たらの子も一緒に煮て、いただきます。

    画像: たらの煮つけ

    材料(2人分)

    ● 生たら(切り身)2切れ
    ● しょうが20g
    ● 菜の花4本
    ● あれば生たらの子100g
    ● A
    ・砂糖大さじ2
    ・みりん大さじ3
    ・しょうゆ大さじ2と1/2
    ● B
    ・水70ml
    ・酒大さじ2

    つくり方

     たらは酒少々(分量外)をかけ、5分ほどおく。しょうがはせん切りにする。

     たらの子は縦半分に切ってから食べやすい大きさに切る。熱湯に塩ひとつまみ(分量外)を入れてゆで、ざるにあげる。

    画像: たらの子は食べやすく切る。湯に入れた瞬間に花が咲いたようになる

    たらの子は食べやすく切る。湯に入れた瞬間に花が咲いたようになる

     菜の花は熱湯に塩ひとつまみ(分量外)を加えた中でゆで、ざるなどにあげて冷ます。

     平らな鍋に A を入れて沸かし、水けをふいたのたらとしょうがを入れる。再び沸いたら B を加え、のたらの子も加えて落としぶたをし、5分煮る。

     を器に盛り、残った煮汁を、とろみが出るまで煮つめて適量をかける。3~4cm長さに切った菜の花を添える。



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像: つくり方

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.