• 昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の家仕事は、理にかなった、先人たちの知恵の結晶です。 今回は、ゆずと昆布が効いた「千枚漬け」を、ステンシル作家で料理研究家のホークスみよしさんに教わります。
    『家仕事ごよみ』より

    千枚漬け 十一月から三月

    京野菜の聖護院かぶを使ってつくる千枚漬け。ホークスみよしさんのレシピは、ゆずと昆布が効いた上品な味わいです。

    「冬に何回かつくりますが、必ずつくるのがクリスマス前。漬けたてをスモークサーモンとクリスマスの前菜にし、よく漬かって酸味が出たものはおせちの一品にします」(ホークスみよしさん)

    用意するもの(つくりやすい分量)

    ● 聖護院かぶ1個
    ● 塩大さじ1
    ● 赤とうがらし(種を抜いて小口切り)1本分
    ● ゆずの皮(細切り)1個分
    ● 昆布(8〜10等分する)30cm分

    つくり方

     聖護院かぶは、包丁で皮をむく。まな板に置いてむくと安定する。葉を根元から切り落とし、できるだけ薄い輪切りにする。

    画像1: つくり方

     ホウロウの容器などに、のかぶを、重なりが少なくなるように並べる。

    画像2: つくり方

     塩をふり、赤とうがらしとゆずと昆布を満遍なくはさみ入れる。これを2〜3回、繰り返し、全量を入れる。

    画像3: つくり方

     押しぶたをして、かぶの重量の1/2程度の重しをのせる。冷蔵庫か、日の当たらない戸外などに置く。2日後から食べられる。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

    <文/野上郁子(オフィスhana) イラスト/赤井稚佳>

    ホークスみよし
    ステンシル作家で料理研究家。イギリス、クウェート、湘南での生活のあと、那須に移住。森の自然を題材としたステンシル作品を制作しながら、地元の自然食材を生かしたおいしいレシピも発表している。


    This article is a sponsored article by
    ''.