• 昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の家仕事は、理にかなった、先人たちの知恵の結晶です。 今回は、大豆の新物が手に入りやすい冬にあわせて、「自家製豆腐」のつくり方を、ステンシル作家で料理研究家のホークスみよしさんに教わります。
    『家仕事ごよみ』より

    豆腐 通年

    手づくりの豆乳でつくる自家製豆腐は感動的なおいしさです。

    「家庭では、できたてのおいしさを味わえるざる豆腐にするのがおすすめ。にがりを入れるタイミングを見逃さないように、温度計で温度を測りましょう。にがりを満遍なく全体に混ぜることも大切です」(ホークスみよしさん)

    用意するもの(つくりやすい分量)

    ● 豆乳1リットル
    ● にがり(市販の液状のもの)6ml

    [道具]

    ・大鍋
    ・豆乳づくりで使った布
    ・料理用温度計
    ・木のしゃもじ

    つくり方

     大鍋に豆乳を入れ、中火にかける。70℃になったら火を止め、にがりを木べらに伝わらせて、全体に行きわたるように入れる。弱火にかけ、ゆっくりと全体を混ぜる。

    画像1: つくり方

     そのままゆっくり混ぜていると、透明な汁と白いおぼろ状が分離する。これをすくったのが、おぼろ豆腐。

    画像2: つくり方

     ボウルにざるを入れ、湿らせた布をかぶせ、そこにを注ぐ。

    画像3: つくり方

     ボウルに出た水を捨て、ざるを戻し、布で包むようにして小皿を置いて重しをする(ふんわり仕上げたいときは置かない)。

    画像4: つくり方

     布の中に、ざる豆腐のでき上がり。まずは塩をかけてシンプルに召し上がれ。

    画像5: つくり方

    <文/野上郁子(オフィスhana) イラスト/赤井稚佳>

    ホークスみよし
    ステンシル作家で料理研究家。イギリス、クウェート、湘南での生活のあと、那須に移住。森の自然を題材としたステンシル作品を制作しながら、地元の自然食材を生かしたおいしいレシピも発表している。


    This article is a sponsored article by
    ''.