• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「ぬか漬け」を取り上げた記事を紹介します。今回は、漬かりすぎた野菜を使って「古漬けのチャーハン」をつくります。
    (『天然生活』2013年3月号掲載)

    ぬか床で野菜をリメイク  松田美智子

    古漬けのチャーハンのつくり方

    古漬けを上手に利用した炒めものを、母がよくつくってくれました。さわやかな酸味とほどよい塩分で、チャーハンがさっぱりといただけます。

    画像: 古漬けのチャーハンのつくり方

    材料(1人分)

    ● 古漬け(大根、にんじんなど漬かりすぎたもの)適量(みじん切りにして1カップになる量)
    ● ごはん大盛り1膳分
    ● しょうが(みじん切り)大さじ1
    ● 長ねぎ(みじん切り)1/4本分
    ● ごま油大さじ1
    ● 塩小さじ1/4
    ● こしょう少々
    ● ナンプラー大さじ1
    ● 万能ねぎ(小口切り)5〜6本分

    つくり方

     古漬けは数種を取り合わせ、すべてをみじん切りにし、1カップ分、用意する。水けをしっかりしぼる。

     ごはんは皿に広げ、粗熱を取っておく。

     中華鍋にごま油としょうがを合わせて炒め、しょうがの香味が立ったら、古漬けを加えてよく炒める。さらに、ねぎを加えてさっと炒め、ごはんを加え、空気を入れるようにほぐしながら炒め合わせる。塩、こしょうで味をととのえ、鍋肌からナンプラーをまわし入れ、再度、炒め合わせる。火を止め、万能ねぎを加え混ぜ、器に盛る。



    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.