• スペインの女子修道院では、中世のころからお菓子がつくられています。熱心な修道女たちの手によって、吟味され、完成していったレシピは、何世紀もの間、それぞれの修道院に受け継がれてきました。スペイン・マドリードで14年間暮らし、「修道女のお菓子」を求めて各地の修道院を訪ね歩いた、料理家の丸山久美さんに、素朴でしみじみおいしい、スペイン修道院のお菓子レシピを教えていただきます。今回は、「Leche frita(揚げミルク)」のつくり方を。
    (『修道院のお菓子』より)

    このお菓子は、まだ冷蔵庫という便利なものがなかったころに、修道女たちがあまってしまったミルクで、少しでも長くもつような料理を、と考えたのが始まりだといわれています。

    それで、名前は「揚げミルク」。とくに、北の地方でなじみが深く、いまでは、家庭でお母さんがつくるお菓子のひとつです。

    つくり方のコツは、生地がかたくなって、もったりし、鍋底から離れるくらいまで火にかけながら練りつづけることです。

    Leche frita(揚げミルク)のつくり方

    画像: Leche frita(揚げミルク)のつくり方

    材料(12個分)

    ● 卵黄3個分
    ● グラニュー糖大さじ6
    ● バター(食塩不使用)50g
    ● 薄力粉50g
    ● 牛乳350ml
    ● レモン(国産)の皮のすりおろし1個分
    〈衣〉
    ・溶き卵1個分
    ・薄力粉、揚げ油各適量
    〈仕上げ〉
    ・シナモンパウダー、粉砂糖各適量

    つくり方

     卵黄とグラニュー糖を混ぜ合わせる。

     鍋にバターを入れて弱火にかけて溶かす。薄力粉を加え、泡立て器で混ぜる。弱火にかけたまま牛乳を少しずつ加えて、とろりとしたホワイトソースをつくる。

     を火からおろし、とレモンの皮のすりおろしを加え、混ぜ合わす。

     再びを弱火にかけ、こげないように混ぜながら3分ほど練る。もったりとしてかたくなったら、火からおろし、バット(14×18.5×高さ2.5cm)に移す。平らにならし、ラップをして冷蔵庫に1時間以上おき、さらに固める。

    画像: 冷蔵庫で1時間以上冷やし、バットから簡単に取り出せるくらいのかたさにする

    冷蔵庫で1時間以上冷やし、バットから簡単に取り出せるくらいのかたさにする

     バットから取り出し、12等分に切り分ける。薄力粉を全体にまぶし、溶いた卵をからめて170℃の油できつね色になるまで揚げる。

     油をきり、器に移し、シナモンパウダーと粉砂糖をふる。


    <撮影/清水奈緒 スタイリング/大谷マキ>

    画像: つくり方

    丸山久美(まるやま・くみ)
    料理家。東京生まれ。スペイン家庭料理教室「Mi Mesa」主宰。アメリカ留学後、ツアーコンダクターとして世界各地をまわる。1986年からスペインのマドリードに14年滞在。現地の料理教室に通いながら、家庭料理を学ぶ。この間に、修道院めぐりを始める。帰国後、スペインの家庭料理をベースにしたレシピを紹介。著書に『家庭でつくれるスペイン料理』(河出書房新社)、『週末はパエリャ名人』(文化出版局)、『ひんやりスープ』(誠文堂新光社)など。2020年2月に『修道院のお菓子』が扶桑社より復刊。
    https://www.k-maruyama.com/

    天然生活の本『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    天然生活の本
    『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    素朴でかわいい修道院のお菓子、50品

    天然生活の本『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    B5判
    定価:本体 1,400円+税
    ISBN978-4-594-08410-3


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.