• スペインの女子修道院では、中世のころからお菓子がつくられています。熱心な修道女たちの手によって、吟味され、完成していったレシピは、何世紀もの間、それぞれの修道院に受け継がれてきました。スペイン・マドリードで14年間暮らし、「修道女のお菓子」を求めて各地の修道院を訪ね歩いた、料理家の丸山久美さんに、素朴でしみじみおいしい、スペイン修道院のお菓子レシピを教えていただきます。今回は、多くの巡礼者をいやしてきた伝統のお菓子「Tarta de Santiago(サンティアゴのケーキ)」のつくり方を。
    (『修道院のお菓子』より)

    サンティアゴとはスペイン語で「聖ヤコブ」のこと。

    その名をとったスペイン北西に位置するガリシア地方に、サンティアゴ・デ・コンポステーラという町があります。

    ヤコブの遺体が運ばれた地と伝えられ、ローマ、エルサレムと並ぶキリスト教三大聖地で、年間数万人の人たちが巡礼の道を歩いています。

    このケーキはこの町の修道院で生まれ、長い間、多くの巡礼者をいやしてきたお菓子でもあり、いまではスペイン全土で愛されている代表的なお菓子でもあります。

    Tarta de Santiago(サンティアゴのケーキ)のつくり方

    画像: Tarta de Santiago(サンティアゴのケーキ)のつくり方

    材料(直径11cmのタルトレット型 3個分)

    ● A
    ・アーモンドパウダー(マルコナ種)120g
    ・グラニュー糖100g
    ・レモン(国産)の皮のすりおろし1/4個分
    ・シナモンパウダー小さじ1/2
    ● 卵2個
    ● バター(型用)少々
    〈仕上げ〉
    ・粉砂糖適量

    つくり方

     型にバターをぬる。オーブンを180℃に温める。

     ボウルにAを入れて混ぜ、溶いた卵を加えて泡立て器で混ぜる。

     の生地を型に入れて、180℃のオーブンで18〜20分焼く。網に取って冷ます。

     型から取り出し、サンティアゴ十字架型に切った紙型をのせて、仕上げに、粉砂糖をふる。

    画像: サンティアゴの十字架の型紙は少し厚めの紙を使い、ケーキの大きさに合わせてつくっておく。粗熱をとったケーキに型紙を置いて粉砂糖をたっぷりとふりかけ、静かに型紙を取る

    サンティアゴの十字架の型紙は少し厚めの紙を使い、ケーキの大きさに合わせてつくっておく。粗熱をとったケーキに型紙を置いて粉砂糖をたっぷりとふりかけ、静かに型紙を取る


    <撮影/清水奈緒 スタイリング/大谷マキ>

    画像: つくり方

    丸山久美(まるやま・くみ)
    料理家。東京生まれ。スペイン家庭料理教室「Mi Mesa」主宰。アメリカ留学後、ツアーコンダクターとして世界各地をまわる。1986年からスペインのマドリードに14年滞在。現地の料理教室に通いながら、家庭料理を学ぶ。この間に、修道院めぐりを始める。帰国後、スペインの家庭料理をベースにしたレシピを紹介。著書に『家庭でつくれるスペイン料理』(河出書房新社)、『週末はパエリャ名人』(文化出版局)、『ひんやりスープ』(誠文堂新光社)など。2020年2月に『修道院のお菓子』が扶桑社より復刊。
    https://www.k-maruyama.com/

    天然生活の本『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    天然生活の本
    『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    素朴でかわいい修道院のお菓子、50品

    天然生活の本『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    B5判
    定価:本体 1,400円+税
    ISBN978-4-594-08410-3


    This article is a sponsored article by
    ''.