• 料理家の飛田和緒さんに、飽きることのないくり返し料理を、教えていただきました。今回は「肉じゃが」のつくり方を。くり返しつくる料理は、くり返しつくりやすい、シンプルな料理でした。
    (『天然生活』2015年7月号掲載)

    飛田家の肉じゃが

    「くり返しつくる料理って、自分もだけれど、結局、家族も喜ぶもの。改めて考えてみると、特別なメニューって、ほとんどないのね」

    肉じゃがのおいしさの秘訣は、にんにくしょうゆ。

    こちらは、使っては足し、をくり返し、冷蔵庫に常備する、飛田さんの家の定番調味料。

    この秘伝の味を入れずにあっさり仕上げると、「これじゃ、ごはんが進まない」と家族から文句が出るほど、 “わが家の肉じゃがには、にんにくしょうゆ” が当たり前になっています。

    にんにく入り肉じゃがのつくり方

    画像: にんにく入り肉じゃがのつくり方

    にんにくが入っただけで、ごはんがこんなに進むとは。

    いつの間にか、この肉じゃがが定番になりました。

    材料(4~5人分)

    ● じゃがいも4個
    ● 玉ねぎ2個
    ● にんじん1本
    ● 牛切り落とし肉150g
    ● 太白ごま油大さじ1
    ● 砂糖大さじ2
    ● にんにくのしょうゆ漬けのにんにく(*)3~4片
    ● にんにくしょうゆ(*)大さじ3

    つくり方

     じゃがいもは皮をむき、4~6等分に切る。玉ねぎは8等分のくし切り、にんじんは皮をむいて乱切りにする。

     肉はひと口大に手でちぎる。

     鍋に油を入れて火にかけ、を入れて軽く炒め合わせる。

     全体になじんだら、にんにくを入れ、ひたひたより少なめの水(分量外・約2カップ)を加える。

     砂糖を加え、ふつふつ沸いてきたら落としぶたをして弱めの中火で煮る。じゃがいもがやわらかくなってきたらを広げて入れ、にんにくしょうゆを入れ、ふたを取って中火にし、煮つめながら味をふくませる。

     煮汁が少なくなってきたら火を止めてそのまま冷まし、味をさらにふくませる。

    * にんにくしょうゆのつくり方

    にんにくは皮をむき、丸ごと容器に入れる。ひたひた程度までしょうゆを注ぎ、冷蔵庫で保存。しょうゆは1週間後から、にんにくは1カ月後から使える。にんにく、しょうゆは使ったらそのつど、足していけばよい(にんにくしょうゆがないときは、にんにくを薄切りにしたものを、ひと晩、しょうゆに漬けたもので代用)。




    〈撮影/川村 隆 取材・文/福山雅美〉

    画像: * にんにくしょうゆのつくり方

    飛田和緒(ひだ・かずを)
    1964年、東京都生まれ。高校3年間を長野で過ごし、山の幸や保存食のおいしさに開眼する。現在は神奈川県の海辺の魚がおいしい町で、夫と娘との3人で暮らす。毎日無理なく続けられる、作りやすい食材を使った、シンプルでおいしい料理が人気。著書に、『常備菜』(主婦と生活社)、『飛田和緒さんのかぞくごはん』(小学館)、『飛田和緒の郷土汁』(世界文化社)、『いちばんおいしい野菜の食べ方』(オレンジページ)など多数。2020年11月に『くり返し料理』の新装版 が扶桑社より発売。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    ◇ ◇ ◇

    天然生活の本『くり返し料理』(飛田和緒・著)

    天然生活の本
    『くり返し料理』(飛田和緒・著)

    天然生活の本『くり返し料理』(飛田和緒・著)

    B5判
    定価:本体 1,400円+税
    ISBN978-4-594-08659-6



    This article is a sponsored article by
    ''.