• ハーブ農家の小川さんにラベンダーを使ったハーブクラフト、ラベンダーバンドルズのつくり方を教えていただきました。ラベンダーバンドルズは、芳香剤としてリラックス効果をもたらすほか、クローゼットや収納の中に入れておくと防虫効果も期待できます。
    画像: 芳香剤や防虫剤になるハーブクラフト、ラベンダーバンドルズのつくり方|ハーブ農家のハーブ生活

    おうち時間が増えたので、何か新しいことをしてみたい。そんな時はハーブクラフトをつくってみてはいかがですか? 今回は、今の時期、盛りを迎えるラベンダーを使った楽しみ方をご紹介します。

    ラベンダーバンドルズとは

    ラベンダーの香りは古くからリラックスのみでなく、防虫や殺菌など、生活の衛生管理にも役立ってきました。

    バンドルズはフレッシュのラベンダーを利用して作る、ハーブの工芸品です。香りは1年くらい楽しむことができ、芳香剤としてのみでなく、ストレスの緩和、防虫、殺菌などにも役立ちます。

    ラベンダーバンドルズのつくり方

    画像: ラベンダーバンドルズのつくり方

    材料(1本分)

    ◎ ラベンダー奇数本
    ◎ リボン1m

    ※ ラベンダーは11、13、15本がオススメです。はじめての方は、少ない本数からつくってみましょう。

    つくり方

     ラベンダーを奇数本、準備し、茎についた葉を落とす。

    画像1: つくり方

     花の付け根で合わせてリボンできつく結ぶ。

    画像2: つくり方

     リボンで結んだ付け根からラベンダーの茎を折り曲げる。※この時、そのまま曲げると、ポキっと折れてしまうので、爪先でつまんでねじるように折り曲げる。

    画像3: つくり方

     リボンをラベンダーの茎の間に、上下上下とくぐらせていく。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     ラベンダーの花が隠れるまでリボンを巻き終わったら、リボンを結ぶ。

    画像6: つくり方

     茎の長さを揃えて切ったり、結び目をリボンで巻いたり、自分流にアレンジすると世界に一つだけのラベンダーバンドルズの完成!

    画像7: つくり方
    画像8: つくり方

    ※ つくってから1〜2週間経つと、ラベンダーの蕾が乾燥して小さくなり、編み上げたリボンがたるんできます。その時は、竹串などでリボンを引っ張り、たるみをなおして下さい。

    ハーブのクラフト

    ハーブのクラフト(工芸品)はハーブの楽しみ方の一つ。

    ラベンダーバンドルズ、リース、ポマンダー、ポプリ、スパイスアートなどのハーブクラフトは、生活の中に彩りや香りを与えてくれるだけでなく、薬や医学が発達してない時代に、魔除けやお守りとして使われていました。衛生管理グッズの先駆けですね。

    季節や気候の趣を楽しみながら、自然に寄り添って生活環境を整える。とても贅沢な時間だと感じます。無理せず、楽しみながら自然の魅力を感じてみて下さい。

    それではハーブで素敵な一日を!


    画像: ハーブのクラフト

    小川 穣
    AGRU代表・NPO日本コミュニティーガーデニング協会会長。
    ハーブ・果実の生産及び収穫や加工品の販売を行いながら、暮らしに役立つグリーン・食関連の地域プロジェクトや農やハーブに関する講座の講師として活動している。

    AGRU
    ●Facebook:AGRU
    ●Instagram:@ herbsbyagru

    NPO日本コミュニティーガーデニング協会
    ●Facebook:NPO日本コミュニティーガーデニング協会



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,ハンドメイド,暮らしの知恵,ハーブ農家のハーブ生活

    This article is a sponsored article by
    ''.