• 豊富な栄養素を含む甘酒とかぼちゃを使ったプリンのレシピを、料理家で発酵マイスターの榎本美沙さんが教えてくれました。砂糖を使わずに仕上げるので、素材の甘さがしっかりと楽しめます。

    旬のかぼちゃと甘酒でつくるプリン

    皆さま、こんにちは、榎本美沙です。

    今月は、おうちでのお茶時間におすすめな、発酵食品を使った“発酵おやつ”をご紹介しています。

    今回は、かぼちゃと甘酒のやさしい甘さを生かした、砂糖不使用の「甘酒かぼちゃプリン」。自家製の甘酒が活用できるスイーツです。市販のストレート甘酒を使用する場合は、レシピ一番下のポイントを参考にしてみてください。

    自家製甘酒のつくり方はこちらの動画で紹介しているので、合わせてご覧くださいね。

    画像: 【ジッパー袋と炊飯器で失敗しらず!】自家製甘酒のレシピ・作り方 youtu.be

    【ジッパー袋と炊飯器で失敗しらず!】自家製甘酒のレシピ・作り方

    youtu.be

    来月は、私のSNSでも人気の「発酵白菜」についてご紹介します。

    甘酒かぼちゃプリンのつくり方

    画像: 甘酒かぼちゃプリンのつくり方

    材料(150mLカップ4個分)

    ◎ かぼちゃ(種とワタをとってひと口大にしたもの)200g
    ◎ 甘酒(自家製)300mL
    ◎ 無調整豆乳1/4カップ
    ◎ ゼラチン5g
    ◎ かぼちゃのたね(あれば)4個

    つくり方

     かぼちゃは水にくぐらせて耐熱皿に入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ600Wで2分半加熱する。皮を取り除いてしっかり潰す。

    画像1: つくり方

     ゼラチンに、水大さじ1をかけてふやかしておく。
     甘酒をミキサーにかけ、ソース用に大さじ4取り出す。さらに半量(120mL程度)を別のボウルに取り出す。ミキサーにかぼちゃを加えて攪拌する。

    画像2: つくり方

     取り出した120mLの甘酒を小鍋に入れ、豆乳を加えて中火にかける。沸騰直前になったら火を止めて、ゼラチンを加え混ぜ、完全に溶かす。

    画像3: つくり方

     をボウルに入れ、を加え混ぜ、ざるで裏ごしをして、容器に入れて冷蔵庫で2〜3時間冷やして固める。

    画像4: つくり方

     ソース用の甘酒をかけ、かぼちゃのタネをのせる。

    画像5: つくり方

    ポイント 
    市販のストレート甘酒を使用する場合は、で砂糖などを加えて甘みを調整してください。



    画像6: つくり方

    榎本 美沙(えのもと みさ)
    料理家/発酵マイスター
    広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。発酵食品、旬の野菜を使ったレシピ開発が得意。テレビ、雑誌や書籍、WEBへのレシピ提供、イベント出演などを行う。著書に、『ジッパー袋でかんたん季節の保存食』(家の光協会) amazonで見る 、『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社) amazonで見る 、『からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟』(主婦と生活社) amazonで見る がある。

    新刊『今すぐ始められる、毎日続けられる。ゆる発酵』(オレンジページ) amazonで見る が、2022年5月に発売。

    ●Instagram:@misa_enomoto
    https://www.instagram.com/misa_enomoto/
    ●YouTube:「榎本美沙の季節料理」
    https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA
    ●Twitter:@misa_enomoto
    https://twitter.com/misa_enomoto



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,お菓子,榎本美沙の発酵暮らし

    This article is a sponsored article by
    ''.