• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、旬の「かれい」を使った料理を紹介します。今回は、かれいの「薬味煮」を。
    (『天然生活』2016年1月号掲載)

    かれい 旬 10〜11月

    画像: かれい 旬 10〜11月

    かれいは、高タンパク質で低脂肪の、あっさりした味わいで人気の白身魚。その種類はとても豊富で、旬もさまざま。

    今回は、冬が旬のかれいの切り身を使い、香り豊かな薬味と一緒に煮ていきます。旬のお野菜も加えれば、ボリュームのあるおかずになります。

    ちなみに、ひらめとかれいの見分け方は、左に目があるのが「ひらめ」、右にあるのが「かれい」です。

    かれいの薬味煮

    たっぷりの薬味を油で炒めてから煮るので、香りが際立ちます。味のしみ込んだ里いも、青味の野菜と、かれいとが好相性。

    画像1: かれいの薬味煮

    材料(2人分)

    • かれいの切り身 2~3切れ
    • 里いも 2個
    • しょうが 20g
    • にんにく 2片
    • 長ねぎ 5cm
    • 一味とうがらし(小口切り) 小さじ1/2
    • ひまわり油(またはサラダ油) 大さじ1~1と1/2
    • A
      • しょうゆ 大さじ2と1/2
      • きび砂糖 大さじ1
      • みりん 大さじ1
    • B
      • 酒 大さじ3
      • 水 100ml
    • 仕上げのみりん 大さじ1
    • 小松菜(塩ゆでしたもの) 2株

    つくり方

    1. 里いもは皮をむき、塩をふってもみ、流水でぬめりを流す。1cm幅に切り、やわらかくなるまで水からゆでる。
    2. かれいは1切れを2等分に切る。熱湯にさっとくぐらせ、表面が白くなったら取り出し、流水の下で表面のうろこをていねいに洗い流し、水けをふき取る。
    3. しょうが、にんにく、長ねぎは、みじん切りにする。
    4. 底が深めのフライパンに油をひき、3、一味とうがらしを加えて火にかけ、香りが出るまで炒める。
    5. 4に1 、2とAを加えて沸かし、砂糖が溶けてからBを2回に分けて加え、落としぶたをして中火で7~8分煮る。仕上げにみりんを入れて照りを出し、4cm長さに切った小松菜を加えて火を止める。

    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像2: かれいの薬味煮

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.