• 手づくりのお菓子があると、ほっとします。毎日食べたくなるような定番のお菓子を、なかしましほさんに教えていただきました。今回は、「モカロールケーキ」のつくり方を紹介します。

    なかしまさんは、「お菓子づくりは、がんばらなくていいんです。きれいにつくることに、こだわらないでください」といいます。売りもののように整っていなくても、心を込めているからこそ、「いつものお菓子」には、食べた人を幸せにする力があるのです。

    モカロールケーキのつくり方

    画像: モカロールケーキのつくり方

    スポンジは少し濃いめのコーヒーでほろ苦く、クリームはコクのあるバタークリームにしました。卵はしっかり泡立てて、粉を入れたらつやが出るまでていねいに混ぜるのが、口溶けのよいスポンジをつくるポイントです。

    材料(1本分)

    3個
    きび砂糖60g
    薄力粉55g
    太白ごま油20g
    インスタントコーヒー + お湯各大さじ1
    〈モカバタークリーム〉
    ・卵黄1個
    ・きび砂糖50g
    ・インスタントコーヒー + お湯各小さじ1
    牛乳50mL
    バター(食塩不使用)80g

    下準備

    • 天板にオーブン用シートを敷く。
    • オーブンは190℃に予熱する。
    • 生地、クリームのインスタントコーヒーはそれぞれお湯で溶いておく。
    • バターは室温にもどす。

    つくり方


    ボウルに卵、砂糖を入れ、湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てる。卵が人肌の温かさになったら湯せんを外し、さらにもったりと跡が残るまで泡立てる。


    薄力粉を2回に分けてふるい入れ、その都度へらで底からすくい上げるようにして粉けがなくなるまで混ぜる。さらに生地につやが出てくるまで20回ほど混ぜる。


    ごま油、コーヒーの順に加え、さっとなじむまで混ぜる(ここでは泡を消さないよう手早く)。


    天板に生地を流し入れ、190℃に予熱したオーブンで12分焼く。天板から外して網の上で冷まし、粗熱がとれたらふんわりラップで全体を包んで冷ます。


    クリームをつくる。ボウルにバター以外の材料を入れ、泡立て器でよく混ぜる。小鍋に移して弱火にかけ、へらで絶えず混ぜる。沸騰して、やわらかくとろみがついたら火を止め、冷ましておく。


    バターを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜ、を少しずつ加えてなめらかになるまで混ぜる。


    のスポンジのシートを外し、焼き目を上にして全体にのクリームを広げ、手前から巻く。ラップをして冷蔵庫で冷やす。食べるときは15分ほど前に冷蔵庫から出し、クリームを室温にもどす。

    画像: 巻き始めの2cmくらいをぐっと立ち上がらせるのが、きれいに巻くコツ

    巻き始めの2cmくらいをぐっと立ち上がらせるのが、きれいに巻くコツ

    ※ バタークリームは冷やすと固まって口あたりがよくないので、室温にもどしてからいただきます。




    <料理/なかしましほ 撮影/大沼ショージ スタイリング/阿部まゆこ>

    なかしま・しほ
    新潟県生まれ。音楽、出版の仕事を経て料理の道へ。2006年「foodmood(フードムード)」の名でお菓子工房をスタートする。素朴で、やさしい味のお菓子が人気。著書に『たのしいあんこの本』(主婦と生活社)など。発起人の一人となった「保護犬と暮らすということ」(扶桑社)が、10月8日に発売予定。



    This article is a sponsored article by
    ''.