• 手づくりのお菓子があると、ほっとします。毎日食べたくなるような定番のお菓子を、なかしましほさんに教えていただきました。今回は、「ブラウニー」のつくり方を紹介します。

    なかしまさんは、「お菓子づくりは、がんばらなくていいんです。きれいにつくることに、こだわらないでください」といいます。売りもののように整っていなくても、心を込めているからこそ、「いつものお菓子」には、食べた人を幸せにする力があるのです。

    ブラウニーのつくり方

    オイルでつくる、しっとりとしたやわらかめのブラウニー。焼きたてよりも冷めたばかりの「冷めたて」が、表面はさくっと中はしっとりしておすすめです。

    材料(15cm角型1台分)

    チョコレート(ミルク)
    ※カカオ分の高い苦めのものより、ミルクタイプが合う
    80g
    太白ごま油40g
    1個
    きび砂糖30g
    牛乳大さじ1
    A
    ・薄力粉30g
    ・ココア10g
    ・シナモンパウダー小さじ1/3
    ・ベーキングパウダー小さじ1/4
    ピーカンナッツ(ロースト・なければくるみ)
    ※ナッツがたっぷり入るので、渋みが少ないピーカンナッツがおすすめ
    50g

    下準備

    • 型にオーブン用シートを敷く。
    • オーブンは160℃に予熱する。
    • ピーカンナッツは粗くきざむ。

    つくり方


    ボウルにチョコレートを手でざっと砕いて(またはナイフできざんで)ごま油とともに入れ、湯せんにかける。しばらくおいてから泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜる。そのまま湯せんにかけておく。


    別のボウルに卵ときび砂糖を入れ、泡立て器で30秒ほどよく混ぜる。卵がしっかりほぐれ、砂糖がなじめばOK。を加えて泡立て器でなじむまでさっと混ぜ、牛乳も加えて混ぜる。


    Aを合わせてふるい入れ、泡立て器で混ぜる。粉が少し残っているところでピーカンナッツを加え、ヘラで粉けがなくなるまで混ぜる(混ぜすぎると膨らみが悪くなるので、粉が見えなくなったら手を止める)。


    型に流し入れ、160℃のオーブンで25分焼く。型から外して網の上に置いて冷まし、食べやすく切る。




    <料理/なかしましほ 撮影/大沼ショージ スタイリング/阿部まゆこ>

    なかしま・しほ
    新潟県生まれ。音楽、出版の仕事を経て料理の道へ。2006年「foodmood(フードムード)」の名でお菓子工房をスタートする。素朴で、やさしい味のお菓子が人気。著書に『たのしいあんこの本』(主婦と生活社)など。発起人の一人となった「保護犬と暮らすということ」(扶桑社)が、10月8日に発売予定。



    This article is a sponsored article by
    ''.