• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「ぬか漬け」を取り上げた記事を紹介します。今回は、おかかをまぶしていただくと絶品の「新じゃがのぬか漬け」をつくります。
    (『天然生活』2013年4月号掲載)

    ぬか床で野菜をリメイク  松田美智子

    新じゃがのぬか漬けのつくり方

    祖父の大好物で、新じゃがの季節になると必ず祖母が漬けていました。しゃきしゃきしゃきとした歯応えとほのかな酸味、おかかが好相性です。

    画像: 新じゃがのぬか漬けのつくり方

    材料(つくりやすい分量)

    ● 新じゃが(3〜4cm大)5個
    ● かつお節適量
    ● しょうゆ適量
    ● 塩小さじ1/2

    つくり方

     新じゃがは泥を洗い落とし、皮をむき、2カ所ほど切り込みを入れ、塩小さじ1/2をすり込み、ぬか床に1週間~10日間、漬ける。

     漬け上がったら取り出して水洗いし、薄切りにする。かつお節をまぶし、器に盛る。しょうゆまたは、あれば梅じょうゆをかける。



    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.