• 親子三代で料理家の堀江家では、いつの時代も洋食が食卓を彩りました。孫娘のほりえさわこさんが、祖母のレシピを母から受け継ぎ、いまも家族につくる昭和の味には、幾つもの小さな工夫があります。今回は、スペアリブでつくるごちそう、堀江家の年末年始には必ず登場したという「ポークチョップ」のレシピを紹介します。
    (『天然生活』2016年6月号掲載)
    画像: 昔のレシピは、すべて手書き。「自宅には、何千というレシピカードが残っています」と、さわこさん

    昔のレシピは、すべて手書き。「自宅には、何千というレシピカードが残っています」と、さわこさん

    ポークチョップのつくり方

    おいしさはそのままに、手順を上手に簡略化。ほんのり甘いソースで、ごはんにも合うごちそうです。

    画像: 大家族の堀江家の年末年始には、必ず登場した。なんと、10kgものスペアリブを用意していたとか。じっくり火をとおしてあるので、冷蔵庫で約1週間保存可

    大家族の堀江家の年末年始には、必ず登場した。なんと、10kgものスペアリブを用意していたとか。じっくり火をとおしてあるので、冷蔵庫で約1週間保存可

    懐かしいポークチョップのここをアレンジ
    昔は、鍋でコトコトつくったソース。いまは、レンジで手軽に。にんにくと玉ねぎは、みじん切りにしていたが、薄切りにして手間を省いた。これにより、ソースというより具に近い感覚になって、満足感アップ。

    材料(2~3人分)

    ● 豚スペアリブ800g~1kg
    ● A
    ・にんにくの薄切り1片分
    ・玉ねぎの薄切り1/4個分
    ・トマトケチャップ1/2カップ
    ・赤ワイン大さじ4
    ・酢、砂糖各大さじ2
    ・ソース、粒マスタード各大さじ1
    ・塩小さじ1/2
    ・こしょう少々

    つくり方

     ソースをつくる。耐熱ボウルにを入れ、レンジで8分加熱する。

     オーブンの天板にアルミホイルを敷き、さらに新聞紙をのせて、厚手のクッキングペーパーをのせる。その上に、間隔をあけながらスペアリブを並べ、220℃に温めたオーブンで20分焼く。

     スペアリブを一度取り出し、新しいクッキングペーパーで、表面の脂をふき取る。天板に敷いていたクッキングペーパーと新聞紙も余分な脂を取り除くため、外す。

     スペアリブにのソースを半分まぶし、アルミホイルの上にのせて180℃に温めたオーブンで10分焼く。一度取り出し、残りのソースにからめ、さらに10分焼く。



    <撮影/川村 隆 スタイリング/池水陽子 取材・文/福山雅美>

    画像: つくり方

    ほりえさわこ
    料理研究家、栄養士。祖母、母ともに料理研究家の家庭に育つ。イタリア、韓国での料理修業を経て、料理家の道へ。著書に、母・ひろ子さんとの共著『最新版 簡単おせちとごちそうレシピ』(主婦の友社)などがある。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.