• 昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の家仕事は、理にかなった、先人たちの知恵の結晶です。 今回は、キングオブ果実酒といわれることもある「びわ酒」のつくり方を、ステンシル作家で料理研究家のホークスみよしさんに教わります。
    『家仕事ごよみ』より

    びわ酒 五月から七月

    びわの木は「医者いらず」といわれるくらいケガや病気に役立ち、古くから民間療法で大切にされてきました。それほど、びわの葉、種子、果実には薬効成分が多く含まれているのです。

    「びわ酒に使うのは熟したびわ。庭にびわの木がある方は、びわがたくさん採れると思います。小粒のものでも、びわ酒にするなら、皮も種も取らずに使うので、それで十分です」

    びわ酒はキングオブ果実酒といわれるほど、おいしさには定評があります。つけ込んで2~3カ月で飲めるようになり、杏仁豆腐のようなよい香りも魅力です。

    「もし、びわの葉が手に入るのなら入れてみて。おいしいだけでなく、体にもいいびわ酒ができ上がります」(ホークスみよしさん)

    用意するもの(つくりやすい分量)

    ● びわ500g
    ● 氷砂糖100g
    ● ホワイトリカー(35度)2と1/2カップ
    ● あればびわの葉2~3枚

    つくり方

     びわはへたを取る。皮付きのまま、よく洗い、水けをふく。

    画像1: つくり方

     瓶に氷砂糖を入れ、を加え、ホワイトリカーを注ぐ。

    画像2: つくり方

     よく洗い、水けをふいたびわの葉を、1枚を3等分くらいになるように手でちぎりながら入れる。ふたをしてつけ込む。

    画像3: つくり方

    <文/野上郁子(オフィスhana) イラスト/赤井稚佳>

    ホークスみよし
    ステンシル作家で料理研究家。イギリス、クウェート、湘南での生活のあと、那須に移住。森の自然を題材としたステンシル作品を制作しながら、地元の自然食材を生かしたおいしいレシピも発表している。


    This article is a sponsored article by
    ''.