• 料理家で発酵マイスターの榎本美沙さんに甘酒ナンのつくり方を教えていただきました。カレーといえばナン! 甘酒やヨーグルトを使えば、発酵いらずでふわふわもちもちのナンを手軽につくることができます。フライパンですぐに焼けるのでランチにもおすすめです。

    おうちで手軽につくるナン

    皆さま、こんにちは、榎本美沙です。

    夏は辛いものも食べたくなる時期、個人的にも辛いものがとっても好きなので、8月は暑い時期に食べたい、発酵食品を使った「からいもの」にまつわるものをご紹介します!

    前回は辛いものの王道、カレー。ヨーグルトを使ったヨーグルトポークカレーをご紹介しました。

    カレーはごはんと合わせるのももちろん美味しいですが、ナンと一緒に食べるのもおいしいですよね。私もナンが大好きで、インドカレー屋さんに行く時は必ずナンを注文します。外食がなかなか気軽にできなくなった時期に、おうちでもナンをおいしくつくれないかなと思いまして、考えてみました!

    おうちでつくるのだから、あまり大変ではなく、そして、カレーはランチに食べることも多いので、ささっと洗い物も少なくできたらと色々つくってみました。試行錯誤していると、なんと発酵食品がよい役割をしてくれたんです!

    甘酒とヨーグルトを使えば、発酵いらずでふわふわもちもちのナンに

    ポイントは甘酒、それからヨーグルト。このふたつを使うと、生地を発酵させなくても香り良く、ふわふわ、もちもち食感に仕上がります。フライパンですぐに焼けるのでランチにもおすすめです。

    同じヨーグルトを使っているヨーグルトポークカレーにはもちろん相性抜群ですし、いろいろなカレーによく合います。

    画像: 甘酒とヨーグルトを使えば、発酵いらずでふわふわもちもちのナンに

    おうちカレーに合わせたい「かんたん甘酒ナン」、ぜひお試しくださいね。

    次回は、ゴーヤとトマトのチゲ風をご紹介します。冷房などで冷えた体にもおすすめです。よろしければ、そちらもお楽しみに。

    かんたん甘酒ナンのつくり方

    材料(2枚分)

    ● A
    ・薄力粉、強力粉各60g
    ・ベーキングパウダー小さじ1
    ・塩ひとつまみ
    ● B
    ・プレーンヨーグルト大さじ2
    ・甘酒(ストレートタイプ)大さじ3
    ・オリーブオイル大さじ1/2
    ・水大さじ1

     ボウルにAを入れ混ぜ、を加え混ぜ、なめらかになるまでこねる。ラップをかぶせて10分置く。

    画像1: 材料(2枚分)

    2 生地を少しこね直し、カードで半分に切る。台にくっつきそうであれば打ち粉(強力粉/分量外)をふり、麺棒でナンの形になるように伸ばす。

    画像2: 材料(2枚分)

     弱めの中火で熱した大きめのフライパンで両面焼き色をつける。好みでココナッツオイルやバター(適量/分量外)をのせる。

    画像3: 材料(2枚分)


    画像4: 材料(2枚分)

    榎本 美沙(えのもと みさ)
    料理家/発酵マイスター
    広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。発酵食品、旬の野菜を使ったレシピ開発が得意。テレビ、雑誌や書籍、WEBへのレシピ提供、イベント出演などを行う。
    著書に、『ジッパー袋でかんたん季節の保存食』(家の光協会) amazonで見る 、『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社) amazonで見る がある。

    ●Instagram:@misa_enomoto
    https://www.instagram.com/misa_enomoto/
    ●YouTube:「榎本美沙の季節料理」
    https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA
    ●Twitter:@misa_enomoto
    https://twitter.com/misa_enomoto



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,榎本美沙の発酵暮らし,カレー,パン

    This article is a sponsored article by
    ''.