• 料理家で発酵マイスターの榎本美沙さんに甘酒もちのつくり方を教えていただきました。甘酒は砂糖が入っていないのに、やさしい甘みでおやつづくりにぴったり! 手軽ですぐにつくれる甘酒もちはしみじみおいしく、来客時のちょっとしたおやつにもおすすめです。

    しみじみおいしい、やさしい甘味の「甘酒もち」

    皆さま、こんにちは、榎本美沙です。

    今月は寒くなってきた時期に、温かい飲み物と一緒にいただきたい、発酵食品を使った「発酵おやつ」をご紹介しています。

    今回は「甘酒もち」のご紹介です。甘酒は、お砂糖が入っていないのに、やさしい甘みでおやつづくりにぴったり!

    画像: しみじみおいしい、やさしい甘味の「甘酒もち」

    私は夏の時期には甘酒をアイスにすることが多いのですが、これからの時期のおやつにも、甘酒は大活躍します!

    夏の時期の記事では、トマトと梅の甘酒アイスをご紹介しました。お試しいただいた皆さま、ありがとうございます。

    今回はとっても簡単にできる、甘酒を使った「甘酒もち」をご紹介します

    お鍋に甘酒と片栗粉を入れて、練り混ぜながら加熱するだけ。仕上げにきなこと黒すりごまをかけます。

    甘酒もちは、食べたいと思った時にすぐできるおやつです。

    しみじみおいしいので、来客時のちょっとしたおやつにもおすすめです。

    次回は「酒粕チーズケーキ」をご紹介します。個人的にもよくお客さんにお出しするのがこのケーキ、酒粕がクセになる! と好評です。こちらもお楽しみに。

    甘酒もちのつくり方

    画像: 甘酒もちのつくり方

    材料

    ● 甘酒(ストレートタイプ)1カップ
    ● 片栗粉大さじ3
    ● きなこ(※)大さじ3
    ● 黒すりごま(※)大さじ3

    ※ きなこと黒すりごまはそれぞれ、砂糖大さじ1、粗塩ひとつまみを混ぜておく。

    つくり方

     鍋に甘酒、片栗粉を入れて混ぜ、弱めの中火にかける。木べらで混ぜながら加熱する。

    画像1: つくり方

     ねっとりしてきたら弱火にし、さらに練り混ぜる。

    画像2: つくり方

     しっかりともっちりしたら、濡らしたスプーンでバットに入れたきなこ、黒すりごまの上に出してまぶす。

    画像3: つくり方


    画像4: つくり方

    榎本 美沙(えのもと みさ)
    料理家/発酵マイスター
    広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。発酵食品、旬の野菜を使ったレシピ開発が得意。テレビ、雑誌や書籍、WEBへのレシピ提供、イベント出演などを行う。著書に、『ジッパー袋でかんたん季節の保存食』(家の光協会) amazonで見る 、『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社) amazonで見る がある。

    新刊『からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟』(主婦と生活社) amazonで見る が11月に発売。


    ●Instagram:@misa_enomoto
    https://www.instagram.com/misa_enomoto/
    ●YouTube:「榎本美沙の季節料理」
    https://www.youtube.com/channel/UCGiEIACoA-INiZuSFhoksYA
    ●Twitter:@misa_enomoto
    https://twitter.com/misa_enomoto



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,お菓子,榎本美沙の発酵暮らし

    This article is a sponsored article by
    ''.