• 冬ごもり=雪国などで家にこもって冬が明けるのを待つこと。八ケ丘の麓の山の家でレストランを営む山戸ユカさんに、冬の山暮らしに欠かせない、定番の保存食のつくり方を教えてもらいました。今回は、「ミックスべリージャム」のつくり方と、その応用レシピを。
    (『天然生活』2017年1月号掲載)

    ミックスベリーのジャム

    大量に採れるベリーは即冷凍。時間のあるときにジャムに。上の写真では、一番右の瓶がミックスベリーのジャムです。

    画像: ミックスベリーのジャム

    材料(つくりやすい分量)

    ● お好みのベリー類(ブルーベリー、 ブラックベリー、カシスなど)合わせて200g
    ● きび砂糖200g
    ● ラム酒小さじ1

    つくり方

     ホウロウやステンレスの鍋にベリーと砂糖を入れて軽くかき混ぜ、火にかける。砂糖がこげつかないように混ぜながら中火で煮る。

     砂糖が完全に溶け、ベリーから水分が出てきたら10~15分煮込む。水分がとんでくるとこげやすくなるので、かき混ぜる頻度を増やし、ややとろみがつくまで煮る。

     火を止め、ラム酒を加えてさっと混ぜ合わせる。粗熱が取れたら煮沸消毒した瓶に詰める。

    ※ 冷暗所で1年ほど保存可能。開封後は冷蔵庫へ。

    ミックスベリーのジャムを使って キャロットラペ

    調味料のひとつとしてジャムを活用。ベリーの甘味と酸味が絶妙な味わい。

    画像: ミックスベリーのジャムを使って キャロットラペ

    材料(2~3人分)

    ● にんじん1本
    ● ミニトマト6個
    ● ミックスベリーのジャム小さじ1/2
    ● ミックスナッツ大さじ1
    ● レーズン大さじ1
    ● 塩少々
    ● 米酢小さじ1/2
    ● ブラックペッパー少々
    ● オリーブオイル少々

    つくり方

     にんじんは、しりしり器ですりおろすか、せん切りにする。ミニトマトは半分に切る。ミックスナッツは粗くくだく。

     ボウルにオリーブオイルとブラックペッパー以外の材料を入れてよく混ぜる。

     皿に盛り、オリーブオイルをかけ、ブラックペッパーをふる。



    <撮影/三村健二 構成・文/結城 歩>

    山戸ユカ(やまと・ゆか)
    ご主人とともに2013年9月に山梨・八ケ岳の山麓に移住。自宅のキッチンを開放するようなスタイルでレストラン「DILL」をオープン。
    山梨県北杜市長坂町大井ケ森984-6
    TEL.0551-45-7512

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.