• 休日にさっと仕込んでおいた「さばの黒酢しょうゆ漬け」を使った月曜日の献立を、ワタナベマキさんに教わります。時間のある休日に、漬けておく、煮込んでおく、炒めておく。下準備さえしてあれば、おいしく温かな料理が、忙しい平日も簡単にいただけます。
    (『天然生活』2015年12月号掲載)

    【休日の下ごしらえ】

     さばの黒酢しょうゆ漬け

    画像1: C さばの黒酢しょうゆ漬け

    材料(3人分)

    ● さば(三枚におろしたもの)1尾分
    ● 黒酢50ml
    ● しょうゆ、酒各大さじ2
    ● ごま油大さじ1

    つくり方

     さばは各3等分にして保存容器に入れ、黒酢、しょうゆ、酒、ごま油を加えて上下を返しながらなじませる。そのまま冷蔵庫で保存する。

    【月曜日の献立】

    画像2: C さばの黒酢しょうゆ漬け

    さばの黒酢しょうゆ漬けを使って
    さばと長ねぎの黒酢あんかけ

    くったり甘くなった長ねぎと、まろやかな黒酢の風味。とろみをつければ、より満足感がアップします。

    材料(2人分)

    さばの黒酢しょうゆ漬け4切れ
    ● 長ねぎ1本
    ☆だし200ml
    ☆酒大さじ1
    ☆さばの漬け汁大さじ3
    ● 片栗粉小さじ1と1/2(同量の水で溶いておく)
    ● ごま油小さじ2
    ● すだち(あれば)1/2個

    つくり方

     長ねぎは5cm長さに切り、縦半分に切る。

     フライパンを中火で熱してごま油を入れ、と汁けをきったのさばを皮目を下にして並べ、両面に軽く焼き目をつける。

     ☆を加えてひと煮立ちさせ、あくを取り、ふたをして弱火で約8分煮る。

     水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、器に盛る。あれば、輪切りにしたすだちをあしらう。

    白菜とエリンギのごまだれ蒸し

    白菜は、酒蒸しにすると、ほのかな甘さが引き立ちます。ごまの風味が香ばしい、さっぱりとした小鉢。

    材料(2人分)

    ● 白菜の葉3枚
    ● エリンギ2本
    ● 酒大さじ1
    ☆白すりごま大さじ2
    ☆しょうゆ、酢、ごま油各大さじ1/2

    つくり方

     白菜は繊維を断ち切るよう、横に1cm幅に切る。エリンギは縦5mm幅に切る。

     フライパンにと水大さじ3(分量外)、酒を入れ、ふたをして弱めの中火で約6分蒸し煮する。

     汁けをきって器に盛り、合わせた☆をかける。

    さつまいもと油揚げのお味噌汁

    ほっくりとした甘さがやさしい、さつまいも。しみじみおいしい、秋のお味噌汁。

    材料(2人分)

    ● さつまいも(小)1本(200g)
    ● 油揚げ1/2枚
    ● だし400ml
    ● 味噌大さじ1と1/2

    つくり方

     さつまいもは1cm厚さの半月切りにし、3分ほど水にさらしてからざるにあげる。油揚げは熱湯をかけて油抜きし、幅半分に切り、3mm幅の細切りにする。

     鍋にだしとを入れ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、約7分煮る。

     味噌を溶き入れ、煮立つ直前で火を止める。

    ◇ ◇ ◇

    さばの黒酢しょうゆ漬けの展開アイデア

    焼いてほぐして

    魚焼きグリルなどでこんがり焼き、身をほぐしてサラダにのせて。薬味と一緒にごはんに混ぜ込んでも。

    立田揚げや味噌煮に

    片栗粉をまぶして、さっと揚げれば竜田揚げに。味がしっかりついているので、ごはんもお酒も進む。少量の味噌で味つけをして煮つければ、さば味噌風にもなる。





    〈料理・スタイリング/ワタナベマキ 撮影/福尾美雪 取材・文/福山雅美〉

    画像: C さばの黒酢しょうゆ漬けの展開アイデア

    わたなべ・まき
    簡単なのに、美しくキレのよい料理を提案。1年に10冊のペースでレシピ本を出版する。近著は『料理家ワタナベマキが家族のために作るごはん』(主婦と生活社)。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです



    This article is a sponsored article by
    ''.