• 休日にさっと仕込んでおいた「とりむね肉のしょうが酒蒸し煮」を使った木曜日の献立を、ワタナベマキさんに教わります。時間のある休日に、漬けておく、煮込んでおく、炒めておく。下準備さえしてあれば、おいしく温かな料理が、忙しい平日も簡単にいただけます。
    (『天然生活』2015年12月号掲載)

    【休日の下ごしらえ】

     とりむね肉のしょうが酒蒸し煮

    画像1: G とりむね肉のしょうが酒蒸し煮

    材料(2人分)

    ● とりむね肉2枚(400g)
    ● しょうが1片
    ● 酒50ml
    ● 塩小さじ1
    ● 水200ml

    つくり方

     しょうがは皮をむいて薄切りにする。

     とりむね肉は、厚みがある部分は浅く切り目を入れてひらき、厚みを均一にする。

    まず中心に切り込みを入れ、そぐように観音開きにする

     洗った鍋に、、酒、塩、水を入れて中火にかけ、煮立ったらふたをして弱火で約8分蒸し煮する。火を止め、そのまま冷ます。

     の粗熱が取れたら汁ごと保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。

    【木曜日の献立】

    画像2: G とりむね肉のしょうが酒蒸し煮

    とりむね肉のしょうが酒蒸し煮を使って
    蒸しどりともやしのごま山椒かけ

    お鍋に素材を入れたら、あとは3分待つだけ。粉山椒を、きりっと利かせれば大人の味に。

    材料(2人分)

    とりむね肉のしょうが酒蒸し煮2枚
    とりむね肉のしょうが酒蒸し煮の煮汁大さじ2
    ● 水大さじ2
    ● もやし(ひげ根を取る)1/2袋
    ● 細ねぎ(小口切り)3本分
    ● 粉山椒適量
    ● 塩少々
    ☆黒酢大さじ1
    ☆しょうゆ大さじ1/2

    つくり方

     のとりむね肉は1.5cm厚さに切って鍋に入れ、上にもやしをのせる。

     の煮汁、水を加え、ふたをして中火にかける。煮立ったら弱火にし、3分ほど蒸し焼きにして塩をふる。

     器に盛り、細ねぎと粉山椒を散らす。好みで☆をかける。

    ターツァイの油蒸し

    メインと同じく、こちらも鍋まかせの簡単サブおかず。ごま油をまとった、つやつや青菜のおいしさをぜひ。

    材料(2人分)

    ● ターツァイ150g
    ☆塩小さじ1/4
    ☆紹興酒(または酒)大さじ1
    ☆ごま油大さじ1

    つくり方

     ターツァイはよく洗って根元の土を落とす。食べやすい長さに切り、水に放っておく。

     鍋に水けをきったと合わせた☆を入れ、ふたをして中火にかける。煮立ったら弱火にし、約1分蒸す。

    とりむね肉のしょうが酒蒸し煮を使って
    とりだしの玉子スープ

    うま味いっぱいの煮汁を、むだにするなんてできません。ただ卵を溶き入れるだけで、絶品スープのでき上がり。

    材料(2人分)

    とりむね肉のしょうが酒蒸し煮の煮汁1/2カップ
    ☆水300ml
    ● 溶き卵1個分
    ● 塩少々
    ● 白すりごま大さじ1

    つくり方

     鍋に☆を入れ、中火にかける。

     煮立ったら塩を加え、溶き卵を少しずつ加える。卵がふんわりしたら火を止め、白すりごまをふる。

    ◇ ◇ ◇

    とりむね肉のしょうが酒蒸し煮の煮汁の展開アイデア

    脇役としても優秀

    細かく裂いて、サラダのトッピングに。また、スープをお湯でのばして米麺を入れ、裂いたとり肉をのせれば、あっさりフォーのでき上がり。

    印象が変わるメイン2品に

    あつあつの甘辛いたれをからめれば、さっぱり味のとりむね肉が、コクのある一品に。また、そぎ切りにして溶き卵にくぐらせ、オイルで焼けば、ピカタに変身。





    〈料理・スタイリング/ワタナベマキ 撮影/福尾美雪 取材・文/福山雅美〉

    画像: G とりむね肉のしょうが酒蒸し煮の煮汁の展開アイデア

    わたなべ・まき
    簡単なのに、美しくキレのよい料理を提案。1年に10冊のペースでレシピ本を出版する。近著は『料理家ワタナベマキが家族のために作るごはん』(主婦と生活社)。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです



    This article is a sponsored article by
    ''.