• 口に入れると幸せが満ちてくる、いとしのおやつが勢ぞろい。なつかしいおやつを、桑原奈津子さんが再現してくれました。今回は、なつかしさを誘う「ロシアンクッキー」のつくり方を紹介します。
    (『天然生活』2014年3月号掲載)

    ロシアンクッキー

    なつかしさを誘うロシアンクッキーは、口に入れると、ほっとする味。星形の口金の跡がきれいに残るよう、粉類を多めに配合するのがコツ。

    画像: ロシアンクッキー

    材料(直径約5cm・20枚分)

    ● 薄力粉100g
    ● バター(食塩不使用)80g
    ● 砂糖60g
    ● 塩ひとつまみ
    ● 卵1/2個分(25~30g)
    ● アーモンドパウダー60g
    ● シナモンパウダー少々
    ● ラズベリージャム50g

    下準備

    ・バターを室温にもどす。

    ・薄力粉をふるいにかける。

    ・ラズベリージャムをこし器に通し、種を取り除く。

    つくり方

     ボウルにバターを入れ、ゴムべらでクリーム状に練る。砂糖、塩を加え、白っぽくなるまですり混ぜる。卵を加えてよく混ぜ、アーモンドパウダー、シナモンパウダーを加えて混ぜる。ふるった薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

     星形口金を付けたしぼり袋に、を入れる。オーブン用シートを敷いた天板に、直径5cm程度のリング状に、間隔をあけながらしぼる。さらに中央部分に生地を丸くしぼり、中央の生地を指で平らにならし、くぼみをつくる。くぼみにジャムを入れ、スプーンの背などで丸くのばす。

     170℃に温めておいたオーブンで、12分ほど焼く。



    <料理/桑原奈津子 撮影/清水奈緒 スタイリング/阿部まゆこ 取材・文/花沢理恵>

    桑原奈津子(くわはら・なつこ)
    カフェのキッチンとベーカリー、製粉会社の食品開発室、加工でん粉会社研究職を経て、2004年に料理家として独立。スタイリングも行い、雑誌、書籍、広告を中心に活躍している。著書に『卵・乳製品・小麦粉なし 作ってあげたい子どものおやつ』(KADOKAWA)ほか多数。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.