• 梅雨の季節や暑い夏に食べたくなる「カレー」。今回は『天然生活web』で掲載されたレシピの中から、料理家に教わる人気の「カレー」レシピ4品を紹介します。

    料理家・枝元なほみさん
    フライパンチキンカレーのつくり方

    画像: 料理家・枝元なほみさん フライパンチキンカレーのつくり方

    料理家・枝元なほみさんに教わるのは「フライパンチキンカレー」。チキンを漬け込んだ、スパイシーなヨーグルトがルー代わり。魚介やポークでつくってもおいしい、マスターしたい基本のカレーです。

    材料(4人分)

    ● とりもも肉2枚
    ● A
    ・カレー粉大さじ1と1/2
    ・にんにく、しょうが(すりおろし)各小さじ1
    ・プレーンヨーグルト3/4~1カップ
    ・ケチャップ大さじ2
    ・はちみつ、レモン汁各小さじ1
    ・塩小さじ1
    ・こしょう少々
    ● トマト(大)3個
    ● じゃがいも3個(約450g)
    ● エリンギ大1パック(150g)
    ● 玉ねぎ(みじん切り)大1/2個
    ● クミンシード小さじ1弱
    ● シナモン(4cm長さ)1本
    ● 青とうがらし(小口切り)3本分
    ● 菜種油大さじ3
    ● 塩小さじ1/3程度
    ● ガラムマサラ小さじ1/3~1/2
    ● こしょう少々

    つくり方

     とり肉は、ふちの脂肪部分を取り除き、大きめのひと口大(一枚を10等分程度)に切る。ポリ袋に入れ、を加えてもみ込む。

     トマトはへたを取って乱切り、じゃがいもは皮をむいて約3cm大、エリンギは食べやすい大きさにさいてから長さを半分に切る。

     フライパンに油とクミンシードを入れ、中火にかける。クミンシードから気泡が出てきたらシナモンを入れ、ざっと混ぜて香りを引き出す。青とうがらしを加えてひと混ぜし、玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。じゃがいもを入れて炒め合わせる。

     じゃがいもに油がなじんだら、のとり肉を加え、強めの中火にして3分ほど両面を焼く。エリンギを加え、袋に残ったとり肉のつけ汁を、残さず加えて炒め合わせる。トマトの半量を入れて混ぜ、湯400mlを注ぎ、中火で15~20分煮込む。

     じゃがいもがやわらかくなったら、残りのトマトを加え、塩、ガラムマサラ、こしょうで味をととのえる。

    料理家・飛田和緒さん
    カレーライスのつくり方

    画像: 料理家・飛田和緒さん カレーライスのつくり方

    料理家の飛田和緒さんちのカレーは、実にオーソドックス。いまどきの、さらりとしたスパイシーなカレーは、なぜか家族にはそんなに受けがよくないようで、家族みんなが食べたがるのは野菜がごろごろ入ったカレー。ルーを使った、飛田さんいわく、 “昭和なカレー” が、家族のお気に入りです。

    材料(4人分)

    ● 豚バラ切り落とし肉150g
    ● 玉ねぎ1個
    ● にんじん1本
    ● じゃがいも3個
    ● しょうが(みじん切り)1片分
    ● バター大さじ1
    ● コンソメキューブ1/2個
    ● カレールー(フレーク状)大さじ6~7
    ● しょうゆ小さじ2
    ● ごはん適量
    ● らっきょう漬け適量

    つくり方

     玉ねぎは3cm角に、にんじんは半月切りに、じゃがいもは皮をむいて4等分に切る。肉は食べやすい大きさに切って軽く塩・こしょう(分量外)する。

     鍋にバターを入れ、溶けてきたらしょうがを炒める。香りが出てきたら玉ねぎを加えてしんなりするまで炒め、豚肉、にんじん、じゃがいもの順に加えながら炒めていく。

     全体にバターがからんだら、5カップ程度の水(分量外)とコンソメを加え、15分ほど煮る。

     一度、火を止め、カレールーを加えて混ぜる。

     弱めの中火にかけてルーをよく煮溶かし、しょうゆで味をととのえる。

     器にごはんをよそい、たっぷりとカレーをかけ、らっきょう漬けを添える。

    料理家・吉田 愛さん
    バターシーフードカレーのつくり方

    画像: 料理家・吉田 愛さん バターシーフードカレーのつくり方

    料理家の吉田愛さんに教わったのは「バターシーフードカレー」。シーフードとしっかり炒めたトマトのうま味をかけ合わせ、濃厚な味に仕上げます。

    材料と下準備(2人分)

    ● 冷凍シーフードミックス
    (凍ったままざるに入れ、さっと洗って水けをきる)
    250g
    ● トマト(ざく切り)1個
    ● にんにく(みじん切り)1かけ
    ● バター10g+10g
    ● 塩小さじ1/3
    ● A
    ・カレー粉大さじ1
    ・トマトケチャップ大さじ1
    ・プレーンヨーグルト(無糖)大さじ2
    ● 牛乳200mL
    ● 砂糖小さじ1

    つくり方

     フライパンにバター10gを中火で溶かし、にんにくを入れる。香りが立ったらトマトと塩を加え、トマトをつぶしながら炒める。

     トマトがペースト状になったらAを順に加え、そのつどよく混ぜる。シーフードミックスを加え、さっと炒め合わせる。

     牛乳を加え、ときどき混ぜながら中火のまま5分ほど煮る。バター10gと砂糖を加えて混ぜる。

    料理家・榎本美沙さん
    ヨーグルトポークカレーのつくり方

    画像: 料理家・榎本美沙さん ヨーグルトポークカレーのつくり方

    料理家で発酵マイスターの榎本美沙さんに、ヨーグルトポークカレーのつくり方を教えていただきました。カレーにヨーグルトを足すと乳製品のコクとさわやかさが加わり、深みが増したおいしいカレーに仕上がります。

    材料(3〜4皿分)

    ● 豚肩ロース(一口大に切る)400g
    ● 塩小さじ1/2
    ● こしょう少々
    ● ヨーグルト(プレーン)大さじ5
    ● 玉ねぎ(みじん切り)2個分
    ● トマトホール缶1缶(400g)
    ● にんにく、しょうが(すりおろし)各1片分
    ● サラダ油大さじ2
    ● クミンシード小さじ1
    ● A
    ・コリアンダーパウダー大さじ1と1/2
    ・ターメリックパウダー、カイエンペッパー各小さじ1
    ● しょうゆ大さじ1程度
    ● パクチー(ざく切り)1株
    ● ごはん適量

    つくり方

     豚肉は一口大に切り、塩、こしょうをすりこんでジッパー付き保存袋に入れ、ヨーグルト、Aを加えて一晩おく。

     鍋にサラダ油、クミンシードをいれて強めの中火にかけ、泡が出て香りが出てきたら、玉ねぎを加える。玉ねぎに一度油を絡めたらしばらく触らずにおき、焼き目がついてきたら、きつね色になるまで炒める。

     にんにく、しょうがを加えて香りが出たら、トマトホール缶を加えて、トマトを潰しながらペースト状になるまで炒める。

     豚肉を漬けだれごと加えてペーストを絡める。

     湯500mLを加えて、沸騰したら強めの弱火にして弱い沸騰を保ち、たまにかき混ぜながら20分煮込む。しょうゆを加え、味見をして味をととのえる。ごはん、カレーを盛り付け、パクチーを添える。



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    編集部より,特集,おいしいもの,レシピ,カレー,枝元なほみ,飛田和緒,吉田愛,榎本美沙

    This article is a sponsored article by
    ''.