• ジューシーな清涼感を味わえるゼリーとプリン。器に “グラス” を使うことで、ゼラチンが少量でも大丈夫。口に入れた瞬間にとろける、なめらかな食感に仕上がります。今回は、プルンと弾む食感の夏向きのプリン「グレープフルーツプリン」のつくり方を。季節のフルーツのおいしさをギュッと閉じ込めました。
    (『天然生活』2017年7月号掲載)

    グレープフルーツプリンのつくり方

    ゼラチンを使って仕上げたプルンと弾む食感に、果肉のみずみずしさ。カラメルとグレープフルーツのビターなハーモニーが楽しめる、夏向きプリン。

    画像: グレープフルーツプリンのつくり方

    材料(100mlの容器6個分)

    ● グレープフルーツ2個
    ● グラニュー糖10g+80g
    ● 牛乳200ml
    ● 粉ゼラチン5g
    ● 水25ml
    ● 卵2個
    ● 生クリーム200ml
    〈キャラメルソース〉
    ・グラニュー糖60g
    ・熱湯50ml

    つくり方

     〈キャラメルソースをつくる〉鍋にグラニュー糖を入れて中火にかけ、鍋を揺すりながら溶かし、半分くらい溶けたらへらでかき混ぜる。全体がカラメル色になったら火を止め、熱湯を少しずつ加える。そのまま3分ほど中火にかけたら火を止め、別の容器に移して冷ます。※湯がぬるいとカラメルがはねて危ないので、かならず熱湯を注ぐ。

     グレープフルーツは皮をむき、実を取り出す。グラニュー糖10gと合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

     鍋に牛乳を入れ、グレープフルーツのワタ(皮の白いところ2個分)をナイフでそぎ取って加える。そのまま1時間ほどおき、グレープフルーツの苦味を移す。

     粉ゼラチンに水を加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分ほどふやかしておく。

     ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖80gを加えて泡立て器でよくすり混ぜる。

     を中火にかけ、鍋肌がフツフツとしてきたら、ごく弱火にして1分ほど煮る。火を止めて、グレープフルーツのワタを取り出す。

     の鍋に加えて混ぜ合わせ、生クリームも加える。ごく弱火にかけて1分ほど混ぜながら、軽くとろみをつける。火を止め、をちぎり入れて溶かす(*)。

     をこしながらボウルに移し、氷水に当てて粗熱を取る。

     グラスに流し、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。仕上げに、を流し、を飾る。

    *ゼラチンは水でふやかして

    ゼラチンは、お湯ではなく、必ず水でしっかりとふやかす。分量の粉ゼラチンに水を加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分ほどふやかすと写真のようにぷるんとした状態になる。ふやかしたゼラチンを溶かすときには、手でちぎって鍋に入れ、溶け残りのないように。

    画像: *ゼラチンは水でふやかして

    ◇ ◇ ◇

    「グラスで仕立てたゼリーやプリンは、キラキラ輝く宝石のよう。見た目はもちろん、簡単につくれるのも魅力です」と、飯塚さん。

    グラスを用いると、型抜きのもののように保型のために固めなくていいので、ゼラチンが少量でも大丈夫。だから、口あたりのよい、ふるふるとしたなめらかなゼリーやプリンに仕立てることができるのです。

    また、失敗しがちな型抜きや、プリンなら湯せんして固める必要もなく、簡単にきれいにできるのもうれしいメリット。

    おいしくつくるコツは、ゼラチンの扱い。

    水とよく混ぜ、冷蔵庫でしっかりとふやかすことで、仕上がりの舌触りがぐんと増すのです。このとき、お湯を使うとゼラチン特有のにおいが残ってしまうので注意して。

    また、口に入れた瞬間、スッと溶けるのがゼラチンでつくるお菓子の醍醐味。体温ほどの熱で溶ける性質ならではです。

    「フルーツの酸味もさわやかなゼリーやプリンは、夏にぴったり。旬の時季のおいしいフルーツをふんだんに使って、家庭で贅沢に楽しんでいただけたら。お好みのグラスでつくってみてくださいね」





    〈料理・スタイリング/飯塚有紀子 撮影/砂原 文 取材・文/花沢理恵〉

    飯塚有紀子(いいづか・ゆきこ)
    暮らしの中でつくるお菓子をお伝えしています。身近な材料を使い、つくりやすい分量、配合を考えたシンプルなレシピ。旬の果物をお菓子にして楽しんだり、焼きたてを食べられるのも家庭ならでは。贈る相手のことを思ってつくり、美味しいタイミングでプレゼントする喜び。昔からその土地でつくられてきた各国の郷土菓子の数々。暮らしの中にある小さなよろこびをレシピとともに伝えています。現在は、家でつくって食べることを楽しむフードサイトを準備中。
    http://www.un-pur.com

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです



    This article is a sponsored article by
    ''.